<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「何か」が無いと書かない癖 | main | 興味の方向性 >>
先日のGIGの話


いやいや、何もないとかぬかしておいて、「何か」あったじゃないか。

今日はその話をしようと思う。

まさかの二日連続の更新。奇跡。
夏にインフルエンザにかかるくらい奇跡。

まぁいいや。

先月末の自分のワンマンLIVE前から、先日行われたサポートLIVEまで。
とにかく息もつけぬほど色々と考えたしやってきた。

前のブログにも書いたが、僕という人間は基本的には止まってることの方が珍しい生き物である。
そんな中でも鬼のように走り続けた二ヶ月くらいでした。

上記の写真は先日行われたGIG後。
未優さんのサポートLIVEを下北沢Threeという場所でやってきました。
「ビクターロック祭り番外編」というイベント。

僕はバンマスを含め、キーボードとアコギとコーラスを担当しました。
同時に何曲かのアレンジとマニピュレータもこなすというなかなかのボリューム。

某事務所様からのご依頼でのサポートでしたが、とにかくリハーサルからとてもいい雰囲気でできました。
サポートメンバーのみなさんは僕の先輩と後輩の顔馴染みの方々。

人のLIVEのサポートってさ、自分のLIVEより変な緊張があるんだよね。
なんというか、自分のLIVEは別に失敗しても自分の責任になるだけだからいいんだけど(いや、良くないけどね)
人のLIVEは大事故起こしたら、その人のLIVEにキズが付くわけで。

そんなこと考え始めるとなかなか止まらないわけで。

でも結局ね、ステージに立って一音目を出しちゃえばいつも楽しすぎてトリップしちゃうのです(笑)
それまでに考えたことが全部吹っ飛んで、音に身を委ねてしまう。
これもはやある種病気だと思う。

だからトリップしても身体が勝手に動くくらいに準備もしなきゃ駄目なわけで。

でも今回の一連の流れで、また一つ「ミュージシャン」として成長できたと思います。
そんな機会をくださった周りの方々に感謝です。

楽しい時間というのはあっという間。
またその楽しい時間を味わうために、日々を生きていこう。

また是非このメンバーで音を出したいし出し続けられたら嬉しいです。

そして最後に……

三日連続の更新は期待しないでください。なんつて。

COMMENT